スポンサーリンク





女(困った)

どうしてもあせって、敬語をよく間違えてしまうんです・・・・

 

このように、電話応対で敬語を間違えてしまうというのは多くの人が抱えている悩みですね。

それもそのはず、電話応対の敬語は普段使っているものより特殊的なものが多いからです。

しかし、敬語を間違えないようにしようとマニュアル通りにガチガチになってはいけません。
(記事参照)マニュアルばかりを意識しすぎない

 

電話応対の基本は・・

相手を思いやる心

なのですから。

 

相手には必ず、「用件を伝える」、「取り次いでもらう」などそれぞれ目的があります。

大切なのはその相手の目的がスムーズに達成できるようにしてあげること。

その気持ちがあれば、敬語を少しくらい間違えても良いのです。

おすすめ解決法

敬語を間違えてしまうことに悩んでいるあなたにおすすめの解決法は、

「最初と最後をきちんと応対する」ことです。

電話応対の全体の印象は最初と最後が大きく左右します。
(記事参照)第一声の名乗りが勝負!
最後の締めくくりで良い印象を残す

 

たとえ、敬語を間違えてしまっても、最初の名乗りの印象と、最後の締めくくりの印象が良ければ、全体的な内容もカバーすることができます。

あとは、少しぐらい間違えても大丈夫!

という前向きな気持ちをもってがんばってみてくださいね。